山陰 湯村温泉 とみや|女将の雨奇晴好(日記)

日々の出来事を綴った若女将のページです。 ちょっとひとやすみしてのぞいて見てください。
湯村温泉 とみやHOME >  山陰 湯村温泉 とみや|女将の雨奇晴好(日記) > ワタクシごと >

湯村温泉と広島市~原爆の日に~

こちら「湯村温泉」には「夢千代館」があります。

湯村温泉を舞台にに、吉永小百合さん主演で、1981~1985年にかけて

テレビドラマや映画化されました。

2004年に夢千代日記を記念し「夢千代館」が開館しました。

その際には吉永小百合さんもご来館され、花を添えられました。

主人公の夢千代は、広島の原爆で母親の胎内で被爆。芸者の置屋を経営しているが

余命3年という設定。温泉街で繰り広げられる人間模様を哀感豊かに描いて話題となり

湯村温泉は「夢千代の里」として有名温泉地となり、脚光をあびる事となりました。

これを機に湯村温泉(新温泉町)と広島市は友好都市となりました。

毎年、温泉を運んだり、観光客の皆さまにもご協力いただいて「折り鶴」を

届けたりしています。

 

20245477_1165778643527457_2413438594190667355_n

 

夢千代館の1階には、ドラマや映画で吉永小百合さんが着用した「着物」など展示されていたり

夢千代さんが暮らした当時の風景などを見る事ができます。

また、2階には原爆関係の資料なども展示されており、核兵器の恐ろしさを実感できます。

吉永さんは夢千代を演じたことを契機に、原爆詩の朗読を通じて反戦平和の活動に取り組んで

おられます。その活動を紹介する館内のパネルには「21世紀の戦争で核兵器が使われたら

地球は死んでしまう。だから【戦後】がずっと続いてほしい」という吉永さんの切実な願いが

記されています。

最近では相次ぐ北朝鮮のミサイル発射実験で、戦後かつてないほど核戦争の脅威が増していま

す。吉永さんのこの言葉のように平和が続く世の中を、願ってやみません。」

そんな本日は「広島原爆の日」。平和の尊さを考える一日にしたいですね。

(今朝の日本海新聞より)

 

「夢千代館」は、当旅館より徒歩5分程。

湯村温泉へお越しの際には、ぜひお出かけくださいませ。

(割引券、フロントにてご用意しております))

 

9h2bl5hxwzaxqg3pwqujxlf_wssbgu0tey3s07mw4eqc2schiw5wl5xvu1yshr784l80j1q5bbjwjno6qfxhasu

 

PS・・・・・

所要で神戸に出かけ、久しぶりに大学生の長男に会う事に。いよいよ長期の夏休みに

突入し、友人にも恵まれ、バイトに遊びにと充実した生活をしている様子でなにより。

確実に彼の世界が広がっている事に安心し、また羨ましくもある。

「ちゃんと寝てる?ちゃんと食べてる?」相変わらず心配で親ばかな母ちゃん。

髭を生やしたおっさん風貌の長男ではあるものの、母ちゃんの目には、いつでも

「おぼこい(幼いって意味ね)」可愛い少年に映る。

ふと、こんな少年が戦地へ送られたなんて考えると・・・。

戦後何十年経っても、癒されないであろう体験者の心中は図りしれない。

「平穏無事」であるという事が、いかに尊い事なのか考えさせられますね。

 

 

 

******************************************

湯村温泉とみや★公式フェイスブック

湯村温泉とみや★公式ホームページ

赤ちゃん妊婦さん歓迎のお宿

シニアのお客様歓迎のお宿

ピンクリボンお宿ネットワーク加盟のお宿

カップル大歓迎 ♥ ♥ デザイナーズ貸切風呂無料プランのあるお宿


********************************************

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

↓ ぽちっと、クリックしていただけたら幸いです。お願い致しますicon92icon92icon92
にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ


コメントをどうぞ